タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  「わからせる→考えさせる」のプロセス

「わからせる→考えさせる」のプロセス

「わからせる→考えさせる」のプロセス

 昨年、同じようなテーマで書きましたが、今回は少し深めてみたいと思います。
 初めて野球をする子、初めて自転車に乗る子には、一定のルール、方法をまず「教えます」。
次に、実際に「やらせてみます」。

 すなわち、指導というのは「教える」と「やらせる」の組み合わせで進んでいきます。
 私自身、経験が浅かったころは、このバランスに苦労しました。「教える」ことに時間を使いすぎて「残りは宿題」みたいな授業をたくさんしていました。
「やらせる」量が不十分だったのですが、子どもができなかったときに
「なんでわかってくれないの」って叱っていました。
 むずかしいのですが、この2つのバランスは年齢、能力、意欲などによって変えていくことも重要です。
少し劣る子どもには「教える」を増やしたり、意欲の高い子どもには「やらせる」を増やしたり。
 そして、この2つの総量が「わからせる」になります。

 ただ、指導者としては更に「考えさせる」という領域を目指すべきと考えています。
早い子は小学生ぐらいに到達してくれます。
自分の意志で「考えて」進んでいける子は少々の困難や挫折も、なんとか越えてくれます。
「学力の向上」という価値をもっと発展させて、大人になったとき、
自分はどう振るまうべきかを「考える」ように指導することが大切な責任だと感じています。


【おかあさん、深呼吸しましょう 第188回】
シティーメイト2021.12月号掲載

2021-12-07 19:27:32

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります

北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ