タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  それをちゃんと教えたのか

それをちゃんと教えたのか

それをちゃんと教えたのか

弱小校をのちに甲子園に導いた監督のはなしです。
強豪校から転任して、野球の指導に当たっていたのですが、思いあまって校長に訴えました。
「あいつら練習前のライン引きすらやっていない。困ったもんです。」
すると校長が「君はそれをちゃんと教えたんか?」
「それぐらい当たり前のことでしょう」
「以前の学校では当たり前だったかも知れない。でも彼らはそれを誰からも教わっていないんだ。
そこから教えるのが君の仕事だ。よろしく頼む」
~~~~~

この話は私にとって貴重な教訓となりました。
日々、子どもたちと接していると
「これぐらい知っとけよ」「この前教えたやろ」といういら立ちはひんぱんにあります。
同時に「それをちゃんと教えたのか」「教えたとしても、脳ミソにしみ込むまで教えきったのか」
という考えもよぎります。

お母さんも同じような気持ちになったことが多々あると思います。
優秀な子どもは、一度でほぼ理解します。
しかし、現実はそんなに簡単にはいきません。

「考える力」が今後求められていきますが、
その土台となる知識はくり返し、くり返し、ねばり強く教えていくのが大人の責任だと思うのです。



【おかあさん、深呼吸しましょう 第175回】
シティーメイト2020.11月号掲載
 

2020-11-04 18:47:44

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります


 
北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ