タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  目標、意識の低い勉強は改めること

目標、意識の低い勉強は改めること

目標、意識の低い勉強は改めること

7月の期末考査の前、生徒さんに次のような話しをしました。
①範囲の限られた定期考査は全て暗記科目だと思ってください。
  たとえば数学でも新しい解き方、出題パターンはそれほど多くはありません。
   問題文や図、数式を見ただけで解き方が浮かんでくるぐらい問題を解きなさい。
  暗記に持ち込んでしまえば、まちがいなく点数は上がります。

②次のテストは百点を狙いなさい。そのためには細部まで徹底した勉強が必要になります。
  落ち着いてやれば百点を取れるという状態まで仕上げることが重要です。
  はじめから八十点を目標にすると、どうしても取り組みが雑になります。
  戦う前から二十点を捨てるような勉強では隙だらけになります。
  そんな気持ちで満足して、当日を迎えたら、必ずえらい目に遭います。

③テストがもどってきたとき、
  「ミスがなければ八十点は取れたのに」という言い訳はしないこと。ミスも実力です。
  今の点数が実力であって、八十点が実力ではありません。
  そんな言い訳をくり返している限り、次のステップに進めません。

はじめのうちは「それは無理です」みたいな表情でしたが、しだいに気持ちが少し前へ向いてくれました。
当たり前ですが、少しの努力で上に立つことはできません。
努力を避けて埋もれてしまうのは、もっと悔しいことです。

短い夏休みですが、条件は同じです。
前へ進みましょう。



【おかあさん、深呼吸しましょう 第172回】
シティーメイト2020.08月号掲載

2020-08-05 19:52:08

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります


 
北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ