タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  非日常から日常へ

非日常から日常へ

非日常から日常へ

この度のコロナウイルス問題については、全ての方々がつらく、いやな思いをされているはずです。
早く終息の目途がつくことを願います。

そのなかで、日常では経験できない子どもの変化に気づきました。
そのことについて書いてみたいと思います。
 
3月以降、何人かの保護者とも話しをしたのですが、
不登校(気味)の生徒さんの表情が少し明るくなってきました。
それは「一斉休校」という状況によって「学校に行く、行かない」という重圧が軽減されたことが原因と考えます。
次に、送迎ルートを決めるために住宅街を車でまわっていると、親子でジョギングしている姿を多く見かけました。
また、自宅の前で母子でバドミントン、バレーをしている場面にも出会いました。
公園にはまちがいなく普段より多くの子どもがいました。

このような光景は何十年ぶりのことです。
もちろん、いろんな解釈があると思います。
大人にとって不安だらけで大変なときです。

学校ナシ、部活ナシ、習い事ナシという非日常の環境で子どもはどのような反応を示すのか関心があったのですが、
子どもの元気な姿を見て、個人的にはかなり救われた気分になりました。

「子どもは健全である」ことは確認できたので
、これからは日常にもどって「やるべきことは、しっかりやらせる」というのが私の責任かと感じたしだいです。
 

【おかあさん、深呼吸しましょう 第168回】
シティーメイト2020.04月号掲載

2020-04-08 14:26:10

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります


 
北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ