タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  わからないときは、自分で調べなさい

わからないときは、自分で調べなさい

わからないときは、自分で調べなさい

「わからないときは先生に質問しなさい」
と大人は子どもに言います。
ところが、実際に質問に来る子は上位の子どもがほとんどで、そうでない生徒さんはめったに質問に来ません。

ある程度の経験を重ねてわかったのですが、
勉強に自信のない子どもにとって「質問する」という行為は勇気のいることで、
恥ずかしいと感じることもあるのです。
そんな状況で「わからない人は質問に来なさい」と言っても、あまり効果は期待できません。

その打開策ですが、方法は2つです。

ひとつは指導者がとにかく子どもを見続けて「今つまづいたな」と気づくことです。
そして、その子がつらい思いをしないように、再度説明することです。
別日に呼んで、わかるまで!という指導も有効ですが、連続すると子どもは疲れて意欲を失います。
シンプルにその場で解決するのがよいと考えます。

そしてもうひとつ(こちらの方が重要です)。
勉強がよくできる生徒の共通点は、
興味のあること、理解できないことは「まず自分で調べる」という習慣を身につけているということです。
疑問点を自ら調べて解決すれば、この力は本物になります。

すなわち「わからない」→「質問しなさい」というプロセスの途中に
「自分で調べなさい」という指導を定着させることの方が、
現実的であり、効果的であります。
もちろん質問も大歓迎です。

【おかあさん、深呼吸しましょう 第164回】
シティーメイト2019.12月号掲載

2019-12-04 13:53:10

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります


 
北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ