タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  死ぬほど勉強しなさい。死なないから。

死ぬほど勉強しなさい。死なないから。

死ぬほど勉強しなさい。死なないから。

 若いうちに、少々無理をしてでも「死ぬほどがんばってみる」という経験・体験は絶対に必要だと思うのです。

 合格するために死ぬほど勉強する。
 甲子園を目指して死ぬほど練習する。
 優勝するために死ぬほどピアノを弾く。などなど…

 若さの特権ですが、死ぬほどがんばっても、ひと晩寝たら、ほぼ回復してくれます。
(年を取ったら全く回復してくれません)
 そして、この努力の有無が大人のなってから効いてくるのです。
 社会に出て、理不尽な思いをしたときに「もうダメです」と感じるのか「がんばって乗り越えよう」と気合いが
入るのか、この差は大きく、更に拡大していきます。

 では、このような経験を「すべての子どもに」「今すぐに」させるべきかとなると、そういうものではありません。
 目標、環境、能力、メンタルなど、いろんな要素を加味しながら、かつ合理的、計画的な指導を心がけなけれ
ばなりません。
 さらに、限界というのは子どもが考えているより少し先にあるのですが、教える側の大人が一線を越えてしまうと、
簡単に子どもを潰す危険性もあります。
 このようなことに注意を払いながらも、ギリギリの状態を一度は経験させておくべきだと、強く思うのです。

【おかあさん、深呼吸しましょう 第159回】
シティーメイト2019.07月号掲載

2019-07-04 21:42:44

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります


 
北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ