タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 

「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  父親は「点の教育」、母親は「線の教育」

父親は「点の教育」、母親は「線の教育」

父親は「点の教育」、母親は「線の教育」

 いろんなバリエーションがあると思いますが、
ひとつの家庭での父親、母親と子どもとの関係について書いてみます。

 父親は仕事中心の生活になるため、
子どもとの接点は休日とか、テスト、試合などの行事のときに集中します。
したがって、子どもの努力、悩みを理解しようとしながらも、つい、結果だけを見て指導してしまいます。
(結果重視の考え方が間違っている訳ではありません)

「お父さんは何もわかっていないんだから」と子どもから反撃されたときは黄信号です。
 母親の場合は、日々お弁当作り、練習着の洗たく、部屋のそうじなどなど、
何もしゃべらなくても、子どもとのコミュニケーションは成り立っています。

よって、食べ残しとか服のよごれを見て
「何かあったのかしら」と情報を得ることができます。(父親には不可能です)

 ただ、お母さんと子どもとの接点が濃すぎて、ついつい、いろんな心配をしすぎて、ひとこと言いすぎて
「お母さんは何もわかっていないんだから」と反撃されることも多々あると思います。

一応黄信号ですが、子どもも反抗期なんで、言い返してくるぐらいが健全であり、
何も言わなければ何もしないのが普通の子どもの特徴です。

 このように、父親と母親が子どもを見る角度は微妙に異なっているので
「子育て、教育」というテーマではなかなか意見が一致しないものです。
むしろ「一致しないのが当たり前」ぐらいのスタンスでいる方が安定すると思うのです。

【おかあさん、深呼吸しましょう 第148回】
シティーメイトH30.08月号掲載

2018-08-22 21:15:00

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります

北神進学教室の理念

 

募集要項

 

教室概要

 

教育コラム

 

先輩からのメッセージ

 

お問い合わせ