タグ

 

小学校3年生~中学校3年生を対象とした学習塾です。中学受験・高校受験などの対策はもちろん、基礎学力を伸ばすカリキュラムで日々の学習をサポートいたします。

出版物のご紹介

代表者 著作物

 



「子育て」がつらいと感じたとき、ほんの少しだけ視点を変えて、おもいっきり深呼吸。「教育の主人公は子どもである」というごく一般的な視点を変え、「子育ての主役お母さん」に向けたコラムです。

     
   


2023年8月より、「お母さん、お父さん 深呼吸しましょう」を
出版いたしました。Amazon電子書籍版も発売中です。

 

 

教育コラムは、情報誌シティーメイト掲載中の記事を紹介しております。

 

HOME»  教育コラム»  教育コラム一覧»  ひとつひとつの解決が最善

ひとつひとつの解決が最善

ひとつひとつの解決が最善

 子どもの学習を評価、指導する際、どうしても全体の印象、イメージが支配してしまいます。「この子はよくできる」「この子はまだまだ」みたいな感じです。ところが細分化すると「計算はできるけど、文章問題に弱点があり」のように課題は子どもによって異なります。
 私が手本としているは少年野球の指導です。まず、ボールの握り方を教える。投げ方、受け方を教える。バットの握り方、振り方を教える。走塁を教える。ルールを教える。まだまだたくさん…。毎日教える訳ではありません。週に数時間です。能力、知識、意欲の差もあります。それでも小学5年生ぐらいになると試合ができるようになります。
 勉強の指導も同じだと思うのです。英単語を教える、覚えさせる→英文法を教える、わからせる、のプロセスがあって、はじめて読解問題にチャレンジできるようになります。いきなりホームランを打つのが不可能なのと同様に、いきなり入試問題を解くのも不可能です。したがって「これぐらいできるでしょう」「なんでわからないの」というあきらめの気持ちを大人が持つ必要はありません。また、ゴールばかりを見て「大丈夫かな?」と考える必要もありません。
 「ひとつひとつの課題を解決して進んでいく」が最善の方法になります。


【おかあさん、深呼吸しましょう 第205回】
シティーメイト2023.05月号掲載

2023-05-12 16:54:22

教育コラム一覧   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

このページの先頭に戻ります